ホームスネークピット最新情報ジムの概要指導クラスの内容とスケジュールグッズ販売コーナーおたのしみに!問い合わせ


宮戸優光 | 大江慎  | 大江百重 | スネークピット所属選手

   BILL ROBINSON

1938年9月18日、英国マンチェスター生まれ。
少年時代からレスリングとボクシングに打ち込み、“蛇の穴=スネークピット”と恐れられる「ビリー・ライレー・ジム」に入門。
先輩カール・ゴッチ、ビリー・ジョイスらとともに汗を流す。

60年代前半は、ヨーロッパ・マット、中東エリア、アジア、北アフリカ諸国、中南米エリアをサーキット。
67年1月、B・ジョイスを下し大英帝国ヘビー級王座獲得。
68年4月初来日、国際プロレス「第一回IWAワールド・シリーズ」に優勝、初代IWA世界王者に認定される。
国プロ“専属選手”として69年から70年5月まで東京に在住。
ハワイ、カナダ・カルガリー地区を経由して70年夏、アメリカへ移住。
AWAエリアでバーン・ガニア、クラッシャー・リソワスキーとのコンビで、AWA世界タッグ王座を2度獲得。

75年12月、新日本プロレスに初登場、アントニオ猪木と“夢の対決”。
76年7月、全日本プロレスに“移籍”。
ジャンボ鶴田を下しUN王座、トーア・カマタを破ってPWF王座を奪取。
その後、85年10月(現役引退)まで全日本マットにレギュラー出場。

92年、U.W.F.インターナショナルの専任コーチとして、
ネテシー州ナッシュビルに道場オープン。
99年4月、「U.W.F.スネークピットジャパン」発足と同時に来日。
東京・高円寺在住。

2004年1月、持病の膝を手術した米国から帰国、毎日ジム生を指導しています。

同年10月、「高円寺のレスリングマスター ビル・ロビンソン自伝」(円たーブレイン刊)を上梓。

 

Copyright (c) 2003. U.W.F.スネークピットジャパン  since.2003.6.13