レスリング&キック スポーツジム
会員募集中(見学OK) 平日18〜22時 日曜13〜16時 JR高円寺駅より徒歩7分 Tel 03-3337-1889 


選手・指導員の紹介
 (キャッチアズキャッチキャン) 井上 学 | ビル・ロビンソンヘッドコーチ | 宮戸 優光 代表
 (キックボクシング) 歌川 暁文 | 望月 竜介 | 大江 慎
  MAKOTO OE
 大江 慎

【旧ブログ】 大江慎の平成時事放談「13歳からの脱線」
【新ブログ】 ドタバタ大江家ほのぼの日記

大江慎、1970年2月17日生。

中学2年(13才)の時、テレビのバラエティー番組(欽どこ)に出演していた初代タイガーマスク(佐山聡)の「僕と一緒に運動しよう!」の一言で、翌週タイガージム入門。以後、卒業までの成績はオール1!(本当)。
16歳でシュートボクシング、シーザージム入門。2ケ月後、後楽園ホールでデビュー。18歳でシュートボクシング全日本スーパーフェザー級王者となる。20歳でシュートボクシング離脱。格闘浪人となり、タイ遠征を繰り返す。
21歳、プロレス団体、U.W.F.インターナショナル入団。スタンディングバウト部門選手となる。同年9月、世界ランク入り。
23歳、後楽園ホールでキックボクシングの世界タイトルマッチを行い、2RKOでISKA世界ライトウェルター級王者となる。
24歳、UインターVSシュートボクシングの対抗戦が始まり大いに盛り上がる。
特に吉鷹弘選手との試合はその年のベストバウトに。
25歳、Uインターを円満退社。
27歳、Uインター時代の同僚、田村潔司選手とスポーツ・格闘技ジムU−FILE CAMP設立。この頃からスカパー!301chサムライTVでキックボクシングの解説を担当。
29歳、U.W.F.スネークピットジャパン打撃コーチ就任。
31歳、サムライTV格闘技情報番組「格闘ジャングル」MC担当。
32歳からは『生でGON!GON!』『NEWS侍』『S-アリーナ』など、サムライTVの看板番組のメイン司会に抜擢される。
同時期放送が開始されたキックボクシングNEWSバラエティー番組『キックの星』では、大江本人がタイの裏路地や田舎街をデジカメ一台で旅するコーナー『ムエタイ日記』が人気を呼び、放送開始翌年から毎年企画されたキックの星タイツアーには75名の参加者を集めたことも。

現在はプロレス、格闘技番組の司会、解説を務める傍ら、自身が経営するジムの打撃コーチとして手腕を振るっている。

 

Copyright (c) 2003. U.W.F.スネークピットジャパン  since.2003.6.13


入会案内キャッチ アズ キャッチ キャンとは?スネークピットとは?スネークピット・キャラバンオリジナルグッズ秘蔵グッズ大江コーチのブログ