レスリング&キック スポーツジム
会員募集中(見学OK) 平日11〜22時 日曜13〜16時 JR高円寺駅より徒歩6分 Tel 03-3337-1889 


選手・指導員の紹介
 キャッチアズキャッチキャン 井上 学 |  ビル・ロビンソンヘッドコーチ | 宮戸 優光 代表
 キックボクシング 歌川 暁文 | 望月 竜介 | 大江 慎
  YUKO MIYATO
 宮戸 優光

1963年6月4日生。神奈川県出身。
1975年、アントニオ猪木vsビル・ロビンソンを生観戦して感激する。
中学生時代は、柔道部に在籍。
1977年、新日本プロレスの道場で、前田明(現・日明)と出会い、個人的な交流をつづける。
1981年、前田明のすすめで、短期合宿をしに大阪へ。
1983年、佐山聡と合流。内弟子となる。「スーパータイガージム」インストラクターを務める。
1985年、9月6日、第1次UWF、vs星名治 戦(後楽園ホール)でデビュー。
その後、第1次UWFが崩壊、新日本プロレス参戦する。
1988年、第2次UWFの旗揚げに参加。前田、高田らと行動を共にする。
1991年、第2次UWF解散後は、UWFインターナショナルの旗揚げに参加。この団体においては、ファイターとしてより、積極的な政策を次々と実施していった「Uインターの頭脳」として、舵取り役・参謀役として活躍。
1994年、一億円を賭けたトーナメントを開催。
1995年9月、新日本との提携路線に反発し、退社。
しばらく表舞台から姿を消していたが、97年10月11、東京ドームで行われた「PRIDE.1」のメインイベントに、高田延彦のセコンドとして登場。ファンを驚かせる。
1999年、ランカシャーレスリングのジム『スネークピットジャパン』を設立。コーチとして、ビル・ロビンソンを招く。
2002年3月、スネークピットジャパン名誉顧問のルー・テーズを招く。
2003年7月、著書「U.W.F.最強の真実」が発売される。
2007年10月、同書の加筆・修正・再編集された文庫版が発売。そして、

2008年9月、アントニオ猪木率いるIGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)と業務提携したのを機に、IGF現場部長に就任。

 


Copyright (c) 2003. U.W.F.スネークピットジャパン  since.2003.6.13


入会案内キャッチ アズ キャッチ キャンとは?スネークピットとは?スネークピット・キャラバンオリジナルグッズ秘蔵グッズ大江コーチのブログ