レスリング&キック スポーツジム
会員募集中(見学OK) 平日11〜22時 日曜13〜16時 JR高円寺駅より徒歩6分 Tel 03-3337-1889 



 
 U.W.F.スネークピットジャパンの歴史


1999年4月、東京都杉並区高円寺、環状7号線沿いに、
元UWFインターのレスラーで「Uインターの頭脳」と呼ばれた、
宮戸優光(1963年生)が設立した、シュートレスラー養成機関。
及び、年齢・男女を問わず一般に開放されたスポーツ格闘技ジム。

その理念は、かつて英国はマンチェスターに実在し、
ビル・ロビンソン、カール・ゴッチをはじめ、
数々の名レスラーを輩出したビリー・ライレージム、
通称・スネークピット(蛇の穴)に倣うものである。

ちなみに、劇画タイガーマスクの「虎の穴」とは、この「蛇の穴」のもじりである。

ヘッドコーチは伝説のプロレスラー・ビル・ロビンソン。
ロビンソンは日本、しかもジムの傍の高円寺に定住して、
レスリングの基礎と言われる「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」のスタイルを基に、
自ら指導。
自身が育った英国のレスリング道場「ヘビの穴」の再興を目指す。

また組技・レスリング以外にも、キックボクシングコースも併設。
元UWFインター立ち技部門に所属し、
元シュートボクシングカーディナル級王者、
元キックISKAライトウェルター級王者の大江 慎が指導しています。

昼間は、各界のプロ選手の練習と共にジム生が個々に自主練習を行い、
夜は、19時より、曜日ごとに各種コースによる、合同練習が行われている。

   
 What is CATCH AS CATCH CAN ?

イギリス発祥のいくつかのレスリング・スタイルの一つである。
ランカシャー地方で盛んだった事から「ランカシャースタイル」とも呼ばれた。
そのスタイルは、関節技、絞め技も含み、その歴史は古く、
おそらく数百年……さらに古くからのものかもしれない。

「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」という名称は、
もともと、ランカシャー地方の
「つかまえられるものならつかまえてみろ!」
「やれるものならやってみろ!」という意味の、いわば“方言”が、
そのまま競技名となったものである。

そして、このキャッチ アズ キャッチ キャンがアメリカに渡り、
近代プロレスのルーツに、さらにはオリンピックのフリースタイルになっていったのである。

そのスタイルは「フィジカル・チェス」という言葉で言い表すことができる。
要は肉体を使ったチェスのようなものだ、ということだ。
パワーではなく、知識と技術、そして戦術で相手を追い込み、コントロールする。

それが、キャッチ・アズ・キャッチ・キャンの真髄である。

   
 What is SNAKE PIT ? 

キャッチアズキャッチキャン発祥の地、ウイガンには、
古くから多くのジムが存在したが、その歴史の中で、
1940年代に、ビリーライレー(元大英帝国ミドル級チャンピオン)が
ウイガンに設立したジムは、
何人ものチャンピオンを輩出する名門ジムとなった。

50年代〜60年代には、その後、日本でも有名になった、
カール・ゴッチやビル・ロビンソンも、このジムで鍛え上げられた。

いつの日からか、外部、特に国外のレスラー達は、
蛇の様に相手に絡みついて仕留める、彼らのレスリングスタイルから、
彼らを蛇にたとえ、「ライレージム」の事を
「スネークピット」“蛇の穴”と、呼ぶようになった。

アニメ「タイガーマスク」の「虎の穴」は、
このイギリスに実在した、スネークピット「蛇の穴」がモデルである。


スネークピットジャパンは、その本場ウイガンの「蛇の穴」出身の、
キャッチアズキャッチキャン“最後の伝承者”ビル・ロビンソンが、
ヘッドコーチを勤める、本物の「蛇の穴」“日本版”なのである。

 


 ジム内の模様

練習風景はこちら
広いレスリングエリアで
トレーニングできます
リング
ウェートトレーニングエリア
サンドバッグで打撃の練習
その他、シャワールーム、休憩エリアもあります

Copyright(c) 2003. U.W.F.スネークピットジャパン

 



Copyright (c) 2003. U.W.F.スネークピットジャパン  since.2003.6.13


入会案内キャッチ アズ キャッチ キャンとは?スネークピットとは?スネークピット・キャラバンオリジナルグッズ秘蔵グッズ大江コーチのブログ